セラピーの評価 2017年度 チャック・スペザーノ

サイズはドリーンさんのより小さめで使いやすいです。何回か使ってみてカードに慣れることが一番ですね〜。これはハムサカードと似たようなレベルです。

いまオススメの商品!

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

チャック・スペザーノ セラピーDr.チャック・スペザーノのセルフ・セラピー・カード [ チャック・スペザーノ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ただ!カードの紙質だけが!残念。心の奥にある問題やそれを改善するためのメッセージが受け取れて興味深いです。カードが持っている意味がとても深いので、何度も読み返して、自分の気づきに持っていくという感じです。確かに、ドリーン・バーチュー博士のカードに比べると、ややカードが薄く華やかさもありませんが、リーディングの中で、ネガティブなカードが出た時に指で弾き飛ばし、裏か表かで更なる解釈をする為、この程度の薄さで作られているのだと思います。自己変容と幸せを目指す方全てにお勧めです。まだ使いこなしてはいないけれど、なかなか、すごいカードです!何気なく引いているカードですが、びっくりするほど言い当てられ、考えさせられます。。ロングセラー商品ですが!そろそろリニューアルしてエンジェルカードくらいしっかりした作りにしてもらえたら…。とはいえ、オラクルカードのように質問に対する怖い程の整合性のある回答がでます。スピリチュアル的な知識があれば、なおカードからの読み取りが分かりやすくなります。あと!ハードカバーは個人的に使いづらいので☆ひとつ減らしました。3枚のカードを引くだけで!自分の心の動きがわかるような…引いていて思わず「なるほど」と言いたくなったり健気な自分の心に!涙が出そうになったり…。問題解決の糸口も見つかるし、嬉しいことも素直に受け止められます。当たるかどうかですが!率直にいって「はずれはない」と思います。ドリーン・L.ヴァーチュ博士のオラクルカードを先に入手して利用していますが、そのカードに比べると、本当に安っぽい。読んでみたら!ヒーリング系?不思議系?と!今までの自分とはかけ離れた内容でした。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・心理学を学んだときの仲間から紹介されて購入しました。昔、雑誌の付録についていたタロットカードと素材感があまり変わらない気がしてしまいました。このカード、毎日ひいてるうちに、心を癒すきっかけがつかめてきます。恐ろしいくらい深層心理を発見させてくれるカードです。また☆をひとつ減らしたのは、他のレビューにもあるようにカードがとてもぺらぺらで扱いにくいこと。 ですが、このカードは、他の方も言われてますが、同じカードが何度も出たり、ちょっと他のとは違う気がします。ただカードの質感が!!!。私自身も人にセッションするときも!知りたいテーマに合わせて!いろいろな置き方を選んで使うようにしています。辛口の[被害者][人間関係][無意識]のカード群と、生きる勇気をくれる[ヒーリング][ギフト][恩恵]のカード群に分かれているので、オラクルカードよりも複雑な気づきをえることができます。別に占いとかではないので!解釈の仕方によってという条件はつきますが!その時に抱えてる問題やチャンスの捉え方という部分で!非常に役に立ってます。占いではないですし、潜在意識にはきちんとピントが合っていると思います。逆にタロットなどに慣れている方には難なく使いこなせるかと思います。ちょっと残念でした。解説用の書籍には様々なリーディング方法やそのケーススタディが書かれており!非常にわかりやすいです。最近はセルフセラピーカードの講座などもあるようですがプロとして人前で扱うには!少々重厚感に欠ける気がします…。毎日の使用には!耐えられないかもしれませんね。自分の問題の根底には何があり、どう癒していくかというまさにセルフ・セラピーのカードです。「セルフ・セラピー」にぴったりでした。友人が持っていて、48枚全てのカードで自分自身のことと好きな人とのことを見てもらったところ、二回とも同じカードが出てびっくり!!あまりにも当たっていたので、自分用に購入しました。心理学とスピリュアルが混じったような、、、あまり、はまらないように、時々利用しようと思います。紙質は若干安っぽい感じは否めません。エンジェルオラクルカードやタロットカードも好きですが、新たにこちらを手に取りました。カードの絵柄も、気に入りました。多数オラクルカードを持っていますが!明らかにそれらとは違います。高次のメッセージをもらう感覚とは違って、隣に寄り添ってくれるような印象を受けました。ただその分!的中することも多くって!何度も何度も引きたくなるような楽しいメッセージを期待するものには向いていないかな!と感じます。一つ一つの絵を見、思いをはせるだけでも自分の心に陽が当たるような気がします。タロットカードの心理学版という感じですが、このカードの絵がとてもよく心の中を表し、まさに気づきを与えてくれるような気がします。カードを引くことで、自分のそのときの心の状態やアドバイスを得ることが出来ます。もともとは!コンサルタント神田昌典先生が薦めていたので!何気なしに購入しました。ネガティブなカード群(8枚×3種)とポジティブなカード(8枚×3種)の48枚を使い、自分でさえ気がつかない問題を浮き彫りにし、その解決策を導きます。まるで雑誌の付録のようです。もっか勉強中ですが、なかなか使えます!いい感じです。心理セラピストが開発した48枚の「カード」を引くことによっていま困っていることの「本当の原因」「それを癒してくれるもの」「それを突破したとき得られるもの」などがピタッと分かる心理カード&解説本。カードリーディングをしているので、たくさんのカードに触れているわたしですがこのカードは解釈に若干難しさがありますね。非常におもしろい商品です。今ではすっかり出勤前に「カードを引く→本書を読む」という癖がついて、自分を客観視し仕事・生活全般においてうまく回るようになったので、手放せない一冊です!内容はまだ少ししか読みすすめていませんが、現状やその対策について、自分自身が気付いていない部分を知ることが出来るようです。潜在意識からの大切なメッセージを読み取ることができます。これ!ヤバイくらい当たります。。オラクルカード同様の神秘的な側面もあります。カードを引いて自分で自分を導く感じです。(わたしはドリーンさんのシリーズはあまり好きではないのですが)絵はほんわかした感じでマインドにはよさそうです。面白いカードですね。 自分のインスピレーションと心の内側を見る手助けになるツールです。ドリーン・バーチュー博士や中森じゅあんさんの天使のカードのような、高次のメッセージではなく、心理学的な側面からのアプローチです。人気のオラクルカードも持ってますが、あれ?って、思うような関係ないカードが出ることもよくあります。要するに初心者には!数枚のカードの解釈を組み立てることが容易ではないということです。