読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこのアナタ!ブラックがセールに関係なしの安さ♪ジャック

ウケる!。パッと表紙を見たときは!手塚作品かと思うほど。手塚治虫の絵を模倣していない、完全オリジナルの絵で同じ内容のマンガだったら絶対に読まなかったし買わなかった・・という人は私だけではないと思います。

イマが買い時♪

2017年02月17日 ランキング上位商品↑

ブラック ジャック#こんなブラック・ジャックはイヤだ [ つのがい ]

詳しくはこちら b y 楽 天

様々な出来事を乗り越えて、手塚先生の絵に辿り着いたつのがいさん。フキダシが大きすぎたのとか100円の袋を見えないように捨てるとモテるとか東京で迷うロックとか・・・。イラストギャラリーのポテト揚げるやつの音が個人的に一番のヒットでした。でも、内容は手塚治虫ファンの私には笑えませんし、読み進めていくと手塚治虫との差がハッキリとしてきます。話だけではなく、絵もとても上手で本当にビックリしました。つのがいさんの絵の才能は、手塚先生の模写にとどまらずに、ちゃんと動いて見える事や、描き始めて僅か1年半で、作品として売れるレベルまできてしまった事から伺えます。つのがいさんが震える姿が見えます…売れますよ、これは!面白い!ツイッターの作品がすごい面白かったので、いつでも読み返せる本になったのはとても嬉しいです。ギャグの部分を面白いと受け取れるかどうかは個人差がありますが、(私はテン・テキ、テン・テキで爆笑しました)シリアスな部分に入ると想わず胸をつかれるお話があります。ちょっと残念なのはウェブから本になったことで字が小さくなったり線が細くなったりで少し見にくいことかな・・・「ロックの楽屋」は横にしてくれたら良かったのに。(当たり前)「ここがイヤ!」「これが嫌い!」とハッキリは言えないのですが、生理的に受け付けませんでした。例えば手塚先生が好きだったお菓子屋さんの話は!じんわりとした優しさに溢れていましたし!ピノコがお留守番する話などは手塚先生が描かれたのではと!想ってしまうほどなのです。すごくマジメな生徒が!自分がいじめられたくないあまり不良のフリをして不良グループと無理して付き合い!精神的に疲れている・・・ようなイメージを抱きました。絵は上手に真似をしていると思います。娘のるみ子さんが公式に認めた作家だけあります。あとは収録されなかった中に好きなのがあって!これも残念ですねえ。ギャグだけではなく!ちょっとしんみりする話もあったりして!バランスもいいです。